2020年3月20日【現代奏造Tokyo シリーズコンサート Vol. 11 Percussion & Flute 】打楽器、その可能性

3月のシリーズコンサートは、当団の要となる打楽器奏者によるプロデュースです。現代音楽の分野にも既に「古典」というカテゴリーが存在しますが、Vol.11は打楽器アンサンブルでその時代の変遷を巡ります。

<日時>

2020年3月20日 (金・祝) 開演14:00 / 開場13:30


<会場>

ノナカ・アンナホール (ノナカ・ミュージックハウス6F)

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-15-9 渋谷駅徒歩5分


<出演>

パーカッション:佐藤綾、川本裕之、亀尾洸一、國分陽向子、山田祐将

フルート:丁仁愛

プロデュース:佐藤綾


<プログラム>

♪André Jolivet / Suite en Concert Flute & Percussion

A.ジョリヴェ / フルートと打楽器の為のコンサート組曲

♪Thierry de Mey / Musique de Table

T.デ・メイ / テーブル・ミュージック

♪Gene Kosinski / 360°

G.コシンスキー / 360°

♪John Cage / Third Construction

J.ケージ / サード・コンストラクション

♪Steve Reich / Clapping Music 

S.ライヒ / クラッピング・ミュージック 他

※出演者・曲目・時間等は変更になる場合がございます。予めご了承ください。


<入場料>

一般 2,000円/学生 1,000円(当日一般2,500円/学生1,500円)


<ご予約>

ノナカ・ミュージックハウス 03-5458-1521 www.nonaka.com/nonakamh/

[web予約] http://www.nonakamh.com/?pid=146840532

現代奏造Tokyo [mail] gendaisouzou.tokyo@gmail.com


主催:現代奏造Tokyo 協力:ノナカ・ミュージックハウス



現代奏造 Tokyo

gendai souzou tokyo 現代社会における音楽の在り方に対する 様々な問題意識を共有する若手音楽家により 結成された管打楽合奏団。 音楽監督に板倉康明を迎え、この編成に特化した 現代音楽作品を中軸に創造的活動を行なっている。